杜仲茶ダイエットの効果

ダイエットにはさまざまな方法が存在しますが、副作用もなく健康も維持できるということで杜仲茶ダイエットの効果が注目されています。

サイトトップ > 杜仲とは?

スポンサードリンク

杜仲茶ダイエットの効果

杜仲とは?


杜仲とは、中国原産の落葉高木で、トチュウ目トチュウ科(APG植物分類体系ではガリア目トチュウ科)を構成する唯一の種です。雌雄異株で、葉はニレやケヤキに似た楕円形、花は緑色がかかった白色で、 実は翼果、20年程度で樹高20m程に成長します。

化石が中央ヨーロッパ及び北米で見つかっており、およそ6千万年前は多くの地域で繁殖していたと考えられていますが、現在では中国以外では確認されていません。

樹皮は漢方薬の原料として使われ、若葉はお茶として利用されます。杜仲の樹皮や枝を折ったり葉をちぎったりすると、白色乳液が滲出しますが、この乳液は、グッタペルカと呼ばれ、天然ゴムとして利用されています。

杜仲の樹皮は「杜仲」という生薬名があり、医薬品として扱われていますが、腰痛、足腰の倦怠感解消、頻尿、肝機能・腎機能の強化、高血圧に効果があるとされています。

葉を煎じた杜仲茶は、血圧の降下や肝機能の機能向上に効果があるようです。日本国内では、1970年代に杜仲茶ブームが起こり、その後、日立造船舞鶴工場バイオ技術部が1987年から缶・ペットボトル入りの杜仲茶の製造・販売を開始し、1994年から翌1995年にかけて大ブームを起こし再び脚光を浴びました。

中国からの輸入品が多いですが、国内でも長野県伊那地方や秋田県大仙市旧中仙町で栽培されています。2003年に日立造船バイオから小林製薬が杜仲茶事業の譲渡を受けて現在に至ります。


杜仲茶ダイエットの効果

MENU



スポンサードリンク